読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【オフィスこつこつ】カウンセラー林 薫の日記

静岡県 カウンセラー林 薫です。学んでいることや、女性のためにホッとするような気づきを、日々更新していきたいと思います。

自立について思うこと



f:id:momosakukao1107:20170327130523j:image

 

「自立をしている」とか

「自立をしていない」とか

何をもって自立というのかは

ちょっとわからないのですかま

自分の中で思ったことがあるので

書き留めておきます

 

自立をしないで生活していると

たとえ50歳になったとしても

80歳90歳になったとしても

自立心は身につきません

 

逆に子供であっても

若かったとしても

自立や責任感を持って

過ごしていると

自立心はどんどん

身について行きます

 

(ただ、子どもであるのに

過剰な責任のおわせ方を

してしまうと

かえって成長によくないことも

ありそうです。)

 

かわいそうだからとか

大変だから必要ないのではなく

なるべく早い段階から

自立にまつわる力を

つける環境があればあるほど

幸せなことではないかと思います

 

わたしもゆっくりでいいので

自分を自立の方向へ

向けていかなければ

いけないと感じました。

 

 

 

家族で学ぶとよいのかな


f:id:momosakukao1107:20170323213412j:image

 

昨日はロジカル家事の本を

私が一人で読んでいました。

 

今さらながら

そういえばこの本は

私がいただいたのではなくて

子供たちがいただいた本だと

気が付きました^^;

 

今日の夜は、夫が読み始めました。

 

私が一人で

「家事が便利になる家電が欲しい!」と

言っていたところ

本を読みはじめた夫が

すこーしだけ

家電に興味をもってくれはじめた

ようです。

 

「本からのメッセージの力はすごい!」

と感じました。

 

IH圧力鍋をどこに置いたらいいか、

という

夢のような話題にもなりました。

 

夫婦や家族での学びは、

チームとして動けるから

いいのですかね。

 

ありがたいことです。

 

当面は、片付けについて

頭を使って仕組みを考えていきたいです。

 

 

 

勝間式 超ロジカル家事

勝間式 超ロジカル家事

 

 

 

 

 

 

勝間式 超ロジカル家事

勝間塾収穫祭のアイディアソンでチーム優勝して

子ども達がいただいた本を紹介します。

 

こちらは、家事全般にまつわる

工夫と便利をギュギュっと詰めたような本です。

 

勝間式 超ロジカル家事

勝間式 超ロジカル家事

 

 

わたしが毎日バタバタしている家事。

これから、この本に書いてあることを

1つでも多く実践して改善します。

 

勉強したことを、わたしなりにまとめてみました。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【超ロジカル家事のすすめ】

家事ストレスがあると、頭も体も疲れます。

「子どもと関わりたい時間」

「仕事や勉強をしたい時間」

「趣味を楽しみたい時間」

を作りたいとおもったら、

ロジカル家事がおススメです。

 

【超ロジカル料理編】

調味料は、5つだけ。その分おいしいものを使います。

だしは煮干しと水で作ります。

調理器具にも一工夫。IH鍋、オーブンレンジを使えば鍋は使わなくなります。

 

【超ロジカル掃除、洗濯編】

1万円の掃除機より5万円のお掃除ロボの方が安い

ごみは出たらその都度捨てる。

 

【超ロジカル収納編】

モノを収納するというより、置くというイメージ

買いだめしないでジャストインタイム

 

【超ロジカル家計術】

収入の20パーセントの貯蓄

 

【超ロジカルファッション編】

第一印象を決めるのは髪

メイク道具は1アイテム1種類

 

【超ロジカル健康管理術】

不健康は最大の無駄遣い

食事や人間関係などのよい習慣をつくる

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

わたしは、「にぼしの出し汁」づくりから

はじめようかと思っています

 

そういえば、いらないものに囲まれて

生活しているので、

モノを捨ててラクに家事ができる

生活を手に入れて

ゆったり生活していきたいと

思いました。

 

勝間式 超ロジカル家事

勝間式 超ロジカル家事

 

 

 

 

子供が出した答えに耳を傾ける


f:id:momosakukao1107:20170321234926j:image
算数の問題は答えが一つだけど

私たちの身の回りににある問題の答えは

ひとつではないと感じます

 

親は「もっとこうしたらいいのに」とか

「ああすればよかったじゃない」などと

言います

 

でも、 子供が出した答えは

子供にとっての最善の答えなんですよね

 

だから口出しした後に

「しまった」と

反省することがあります

 

温かく見守って

子どもが出した答えに

耳を傾けていきたいと思いました

 

答えはひとつじゃなくて

たくさんあるもの。

 

そんな気持ちで過ごしていきたいです!

次女のピアノの発表会


f:id:momosakukao1107:20170321234020j:image

 

昨日は次女が通っている

ピアノ教室の

発表会がありました

 

ピアノは個人レッスンなので、

普段は、他の生徒さんに

会うことはできません。

 

しかし、発表会は

生徒さんが集まって

それぞれの演奏を聴きあいます。

 

毎年大きくなっていくので

それぞれの成長も楽しみです

 

わたしは、子どもが通っていた

保育園の頃の仲間に会うのが

非常に楽しみです

 

モンテッソーリ教育は

自分の考えをしっかり持っている子に

育つようで

親に流されないというところがあります。

 

それぞれのお子さんが、

好きなことをして、

好きな道を生きていると

感じました

 

私から見ると

ちょっとした同窓会のような場です

 

子供達はどんどん成長していきますね

 

自分の道を自分で選んで生きていく

 

相変わらず失敗ばかりだけど

子供たちを信じて

温かく見守っていきたいと

思いました

 

 

 

勝間塾収穫祭


f:id:momosakukao1107:20170320060817j:image
 

 

きのうは、勝間塾収穫祭でした。

 

収穫祭はとても人気のイベントです。

 

チケットが

あっという間に

売り切れてしまい

開催前から ワクワクする企画が

たくさんありました。

 

参加してみた感想は

とにかくすごい!という印象でした 。

 

ワクワクを発信しながら

どんどん楽しんでいくと

こんな 素晴らしい 景色が

見られるのですね。

 

質が高くて楽しくて面白いので

思わずみんなが笑顔になっていきます

感動しました

 

私は、自分の今の姿とは

あまりにも違うので

気づきが多い一日でした

 

私のような資質を持っている方が

とても上手に強みを生かされて

いるのを見て

こんなふうに人と関わったり

思いやりをもって

過ごしていたらいいんだと思いました。

 

わたしも少しずつ進んでいきたいな

と思いました

 

一緒に学んでいる

仲間と実際に会えて

本当に嬉しかったです。

 

一人ではできないけど

皆で力を出し合えば、

協力して色々なことができるのですね。

 

自分の持っている強みで

苦しくなってしまう時は 、

もしかすると

チームで協力できていない自分

がいるかもしれません。

 

そんな時は、

自分を振り返って

行動を変えていける人になろう!

と思いました。

 

自分の強みは

誰かの役に立てるかな!?

と考えていくと

いいのですよね。

 

そうすると強みがきつくなりすぎず、

相手にも配慮できるようになります

 

例えば 、私は「すごい」

と言われると

「いやそんなにすごくないよ」

と思ってしまいます。

 

なんとなくほめてもらってるんだけど、

ハードルが高くなってしまうような気がしてちょっと自分の中でなんとなく居心地が悪い気分になってしまうのです。

 

しかし、「すごい」と言われると嬉しい 。

そんなふうに言ってもらいたい

と思っている方には、

「すごい」という言葉を

たくさん使っていくと

感謝が伝わるんだなと感じました。

 

本当に良い学びをいただきました。

 

ありがとうございました

 

 
f:id:momosakukao1107:20170320055245j:image

 

アイディアソンのゲームで

チームが優勝し

子供達が勝間さんの本を

いただきました 。

 

どうもありがとうございます!

 

気づきが多い 内容で

行動を変えていきたいと思っています

 

また今日から0.2パーセントの改善が

始めていきますね。

お疲れさま会


f:id:momosakukao1107:20170318215937j:image

 

今日は、子どもの役員 のお疲れさま会でした。

 

それぞれの得意を持ち寄って

お仕事ができたことに

とても感謝しています。

 

卒業式の時には

なかなか言えなかった

ありがとうの言葉が言えて

良かったです

 

それぞれのお子さんの話や

小学校での 出来事はもちろん

中学校のこと

これから始まる部活のことなど

 いろいろ 話を聞いたり

話をしたりしました

 

これからのことはわからないけど

きっと、この子ども達なら

今を見つめて進んで行って

くれるだろうなあと思いました

 

1年間ありがとうございました