読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「うちの子発達障害かも。もしかしたら私もグレーかもしれない。」と悩んでいるあなたへ

静岡県 「オフィスこつこつ」カウンセラー林 薫です。「病院ではなかなか気持ちを聞いてもらえない」と思っているあなたに役に立つ情報をお伝えしていきますね

お弁当づくりがスタート


f:id:momosakukao1107:20170407203709j:image

 

親自身がうっかりしていても

ちゃんと守らなくてはならない

ルールというのが

あるものです。

 

たとえば、

子どものお弁当。  

 

今日から子どものお弁当づくりが

始まりました。

 

今までより

朝早く出発するので

今朝のお弁当づくりは

前日準備からの

スタートでした。

 

…うっかりしていても

初日ですから

緊張しています。 

 

緊張のかいあってか

おかげで何とか間に合いました。

 

これからは見通しを立てて

時間も少しずつ節約して

計画的に家計も管理して

いきたいです。

 

お弁当づくりが始まったので

そろそろヘルシオ

必要になりました。

 

時間の使い方が上手に

なりますように

 

 

 

子どものうっかりは親のうっかりとつながっているようです


f:id:momosakukao1107:20170406202031j:image

 

周りが変わっていくプロセスは

自分が変わっていくという

プロセスでもあります

 

子供のことが気になって

あれこれ言ってしまう時。

 

まずは自分の習慣を整えてみると

良さそうです

 

うっかりしていて

子供が忘れ物をしがちだっという時は

まずは自分が 前の日に

翌日の準備をしてしまうのです、

 

言葉で言うよりも

実際にやってみて

環境が変わる方が

効果がありそうです

 

親がうっかりしていると

親のうっかりを見て育つので

子供も親の真似をしてしまいます

 

親はまず自分を見直して

翌日の支度を

整える方が

いいのかもしれませんね

 

我が家でも親の私が

まずは自分の習慣を見直して

忘れ物に気をつけるように

前日確認をしていきたいです。

 

ちなみに明日必要なものは

お弁当と水筒です。

 

明日の準備をする習慣は

中長期的に役立ちますね!

 

発達障害で片付けやおそうじが苦手。


f:id:momosakukao1107:20170405173301j:image

 

発達に障害があると

たまにお掃除が苦手だったりします。

 

そんなとき、完璧なお掃除は

よりハードルが高くなってしまうので

5分間掃除とか10分間掃除と

簡単なものから始めます

 

朝起きてから、

自己コントロール

自制心が高いうちにはじめます。

 

タイマーをセットして

とりあえず片付けをしてみます。

 

この時完璧な計画をしなくても

いいので、

とりあえず動いてみます

 

5分や10分の使い方は

物の整理でも断捨離でも

いいのです。

 

0を1にするというイメージです

 

0が1になると何が起きるかというと

ちょっとだけ自分を責めなくなります

そして自分を褒められるようになります

 

10分や5分片付けをした自分を

認められるようになると

小さな自信が生まれます

 

この小さなことの積み重ねが

将来的には大きな自信になるのでしょうね

 

私も今日から始めました

 

少しずつ積み重ねて

自信につなげていきたいものです

 

工夫をすること


f:id:momosakukao1107:20170404221321j:image
 

 

自分の特性を知ると

問題解決の糸口が

少しだけ見えてきます

 

工夫できることはないかと考え

実際に試してみます

 

自分に必要な習慣を

見つけて試してみます

 

なりたい方向にいる人たちと

過ごしてみます

 

環境が人を変えることがあるようです

 

新しいことは怖いけれど

新しいことの中には

成功が含まれているようです。

 

変化をつけて

目標に向かって

毎日を過ごしていきたいものですね

 

 http://momosakukao1107.hatenablog.com/entry/2017/02/09/095617

 

目に見えないけれど苦しい


f:id:momosakukao1107:20170403181339j:image

 

時間を守ることが苦手

片付けが苦手

人との距離感がつかめない

忘れ物が多い

 

発達障害には

当たり前のことができないという

特性があります。

 

その代わり

興味関心があることには

集中して

しまいます。

 

自分のことだけでも

精一杯なのに

子育てもすることになると

毎日の生活が

何ともならなくなり

苦しむことが増えるものです。

 

自分の苦しさは

人にはなかなか理解してもらえません。

 

苦しい自分に

気づいて

自分の気持ちを

受け入れるだけでも

ラクになれるかもしれません。

 

発達障害は目に見えないけれど

苦しいものです。

 

苦しいのは

あなたが悪いのでは

ないのです。

 

ちょっとずつ

工夫して

暮らしていきましょうね。

 

 

発達障害について考える


f:id:momosakukao1107:20170402193249j:image

 

発達障害について

考えています

 

最近は、発達障害という言葉を

多く聞かれるように

なりました。

 

特に病院にかかっていないし

学生時代も

特に言われてこなかった。

 

…でも、

・うっかりしている

・人とのコミュニケーションが苦手

・場の雰囲気を壊してしまうことがよくある

・片付けられない

・何でも忘れられないほど記憶力がいい

 

など、いきづらさを

持っていたとしたら、

診断名はなくても

ちょっと立ち止まって

みてください。  

 

あなたのお子さんにも

似たうような傾向が

ありませんか?

 

自分のいきづらさの傾向を

見ることで、

生きやすさに

変えていけることが

あります。

 

行きづらさは

自分を受け入れる一歩です。

 

自分の内面と行動を

表に出してみたいものです。

 

何かの糸口が開き

ちょっとだけ、ラクになること

が見つかるかもしれません。

 

 

 

momosakukao1107.hatenablog.com

 

 

家族でディズニーランド


f:id:momosakukao1107:20170401175641j:image

 

今日は家族で

ディズニーランドにきました

 

同じ場所にいても

家族それぞれに

楽しみ方が違います

 

それぞれの意見を

聞きながら

これから何をしようか

どこにいこうかと

話しています。

 

のんびり過ごせたら

いいのかなー、と

思っています。

 

わたしは

朝イチのファストパス

取り間違えました。

 

アンガーマネジメントを

学んでいる家族は

できることに意識を向けて

くれました。 

 

感謝して

夢のつづきを楽しみますね