読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【オフィスこつこつ】カウンセラー林 薫の日記

静岡県 カウンセラー林 薫です。学んでいることや、女性のためにホッとするような気づきを、日々更新していきたいと思います。

固いあたまを柔らかくして情報に目を向ける

最近は、本当に情報化の時代になったなぁと 思います。 人ができることには限界があるから、 よりよいことに力を注ぎ、 よりよい情報に意識を向けられたら すごくいいだろうなぁーって思います。 よい情報を発信している人は より良い情報を受けて また発信…

カウンセリングで心の整理をする

カウンセリングは 自分の心と向き合って 自分の気持ちを 整理します。 最初は、 不満やモヤモヤした気持ちを はき出して 問題を表に出します。 そうすると、 人のせいにしている自分 不満だらけの自分 依存している自分 どうにもならないことを 深く考えてい…

手作りあずきをスロークッカーで

子どものおやつには、 体によいものを。 特に栄養価を考えて 豆を食べさせたい! …そんな風に思っても なかなか手間がかかるものからは どんどん離れていってしまうものです。 …色んな方が使っているのをみて、 私も、スロークッカーを使って あずきを煮てみ…

見かたと考え方の違いを知る

見かた、考え方は人それぞれ違います。 違いを分かってつもりでも 理解に苦しむときは、 また新たな見かたを 手に入れるときかも しれません。 新たな見かたを手に入れて まわりを見回してみると 自分が少しラクになっていることに 気づきます。 見かたと考…

ころころ変わる心境の変化

人は、それぞれに 同じことが起こっても 感じ方や見方が違います。 あまり動じないで ぶれない人もいれば いちいち真に受けて ころころ意見が変わる人もいます。 例え 意見がころころ変わっても、 本人は、 相手に悪気があるわけでも 困らせようとしているわ…

逃げない心

子どもに対して 今、育てたいものは 何かと考えてみると 親が思っていることと 子ども自身の願いとは ちょっとずれることが あるかもしれません。 自己評価、自己選択を 大切にして 育ててきたけれど 問題から逃げ出すのは ちょっとまずいかなと 思います。 …

時々子育てを見直すこと

自分の考え方は自分の生き方が 作ってきたもので 子どもの考え方は 子どもの人生が作ってきたものです。 多少生きている年月の違いは あるものの やっぱり違うのは 別の人生で 別の生き方をしていくと 理解していること なんですよね。 ついつい親は よかれ…

共感ポイント

自分の話をするとき 初対面の人には 気持ちをあれこれ パパッと開けないものです。 でも、関係構築するためには 自分の話をして 相手に安心して貰うように 関わると 相手に配慮しながら 適度に距離を縮めることが できそうです。 自己開示をして、 早い段階…

問題解決と時短ができるようになりたいなー。

問題解決をする習慣があると 日常生活の中の いろんなことがサクサクっと 進みそうです。 例えば、エアコンのタイマーを セットしておけば、 朝や帰宅後にあったかい部屋で 過ごせます。 オーブンを使いこなせれば ずっと鍋を持っている必要もなくて 火の前…

カウンセリングで気持ちの整理をする

カウンセリングは、 人の心を整理するお手伝いをします。 自分と向き合ってみて 自分が何をしたくて どうなりたいのか、 について話を聞くことができます。 気持ちがモヤモヤしていて 誰かに聞いてほしい、 というときにも カウンセリングを 使うことができ…

夫婦における問題解決

夫婦関係に問題が起こるのは、 子どもが小さくて 手が離せないころのことが多いものです。 子どもが小さいと、家事が忙しく 子育ても忙しいので、 ママは不満が募ります。 そんなとき、 パパがサッと手伝ってくれたら いいのですが、 パパはパパで仕事で忙し…

いるだけでワクワク三島駅キオスク

その土地に来ると、なんとなく わくわくするものがあります。 私は、三島のキオスクを見ると すごーく嬉しい気分になります。 なぜなら、 その土地ならではの イチオシのお土産が 一気に見られるからです。 まずは、沼津ベーカリーの 「のっぽパン」 これは…

身近な人に一日一善

「身近な人との関わりを 大切にすることが 自分の幸せにつながる」 と感じています。 勝間塾の中でも 「身近な人に一日一善」 というイベントを行っていて、 身近な人に一日一善をし、 報告しあっています。 近しい関係ほど ついつい感謝を忘れてしまいがち…

選択理論・静岡支部研究会でした。

今日は、 選択理論心理学会・静岡支部の研究会で発表を担当させていただきました。 私自身が 身近な人との関わりや関係性を 近づけていきたいと 思っていることから、 「身近な人が大切にしていること(上質世界)に耳を向けていく」 ことの重要性についてお伝…

正しさを手放す

人には、それぞれ願いや考え方に 違いがありますね。 人それぞれで、もちろんOKだと思います。 今まで「○」だと思っていた事が 「×」になり 「正しい」 と、疑わなかったことを 見直して考える必要がある、 そんな環境になったとき。 考え方はいろいろだけど…

ママ友がくるしい

ママ友とつきあうとき、 相手に合わせすぎて 疲れてしまうことがあります。 近所であり 習い事が同じであり 幼稚園で同じクラスで いつも一緒に遊んでいる。 …などなど 関わる頻度が高いと 嫌われないようにしようと 頑張ってしまうママは たくさんいると お…

口にするモノを意識する

心と身体はつながっていて 健康な生活をすると 心も身体も喜びますね。 食を整えることが 心を整えて 気持ちも楽になるんですよね。 ついつい忘れてしまうけど 身体が喜ぶものを 食べていきたいものです。 怒りのコントロールも 笑顔も 身近なひととの関係も…

第2回子育てママのためのお茶会を開催しました。

今日は、勝間塾のコミュニティー内で募集して 開催したオンラインイベント 「第2回 子育てママのお茶会」の日でした。 今、困っていることをシェアして、 メンバーの皆さんで悩みを共有しながら、 よりよい方法を考えていきます。 1人で考えても見えなかっ…

身近な所で仲間作りを

身近な所で仲間作りができると 視野が広がり、 チームで一緒に 進むことができますね。 ・子育てママ仲間 ・考え方が似ている ・興味関心が似ている ・自分と違った価値観を持っている などなど、 自分が出来ることで役に立つことを シェアしていけたら、 身…

自分が見えない

人のことだと客観的に見えるのに 自分のことだと見えなくなることって あるものです。 ものごとを俯瞰して見られたら いいのですが、 案外まわりが見えないで 突き進んでいることが あるものです。 出来事を教訓として 次にどう生かすか。 失敗しても 改善で…

無理なく明るい家庭をつくってみよう

現実と願っているもののギャップが大きいと 人は戸惑い、乗り越えるハードルが高くなります。 「笑顔で明るく子育てがしたい」 と思ったとき、 笑顔で明るい家庭で育ったのであれば、 実際に経験しているので、 イメージも湧きます。 しかし、 「笑顔で明る…

「女性らしさ」に縛られること

女性は女性らしさに悩みます。 「若くなければ価値がない」 「家を守るのが仕事である」 「気遣いを示さなければならない」 「料理も家事も育児も出来るべきだ」 「嫁として義理の家族の言うことを聞くべきだ」 ・・・数えたらきりがないほど女性らしさに縛…

弱い自分を見せること

夫婦の関係をあれこれ考えてみると、 互いに願いが違うので 「自分がして欲しいことを 相手にしてあげなさい」 …という黄金律が、 通じない場面がでてきます。 相手への贈り物が 実は無意味だった 相手からのスキンシップが 欲しかった 相手から、感謝の言葉…

子どもの人生を見届けること

子どもが自分の人生を自分で選ぶことは いつ頃から始めたらいいのでしょうか? 例えば進路を決めるとき、 高校を選ぶ時から。 大学受験で学部を選ぶ時から。 就職先を選ぶ時から。 いえいえ。 もっと前からです。 …実は、生まれた時から 人生を選ぶ準備は 始…

空気を読むことと人間関係

残念なことにわたしは、 「空気を読む」 ことがどうも苦手で、 今まで多くの人との関わりを 離してきてしまいました。 そもそも、一人でいるのが好きなタイプではなく 人と一緒に何かをすることに 価値を置きたいと思っているので、 「空気が読めないから仕…

幸せな生き方とは?

以前は 「わたしなんて、 子育てする価値がない。」 …なーんて思いながら 子育てしていました。 いつもオドオドしていて 自分のことを 自分で大切にできて なかったんですね。 わたし、 これでいいよ。 よくやってるよ。 そうそう、失敗することもあるよね。…

失敗は次への材料

以前のわたしは、子育てが不安で たまりませんでした。 何とか人の力をかりて 良いモノをみつけようと あがいていました。 自分の中で失敗は許されなかったので 気持ちも不安でした。 でも、いつの日からか 失礼を許せるように なって、 自分がずい分ラクに…

振り返ってみてようやく気づくこと

子どもが小さかったころ、 長女の赤ちゃんがえりで 子育てが大変でした。 そんな時に私がとった行動は 選択理論を学ぶことと モンテッソーリ教育を学ぶこと でした。 子どもを母に任せて勉強に出かけました。 ・・・今振り返ると、 モンテッソーリ教育の保育…

長女が中学受験をしました

子どもたちが小さなころは、 10年後にどうなるかなんて考えていませんでした。 長女が赤ちゃん返りをしていた「今」に必死で 先のことは全く見えていませんでした。 ・・・あれから10年経ちました。 そして今日は、長女の中学入試の受験日でした。 あっと…

小さな変化を表していくこと。

「ちょっとずつ変わればいいのよね。」 心配や困ったことが起きると すぐに逃げたくなってしまうし、 別のところへ行きたくなって しまいがちな自分に なんとなーく というか、 薄々は 気づいています でも、そもそも 変化を大きく起こす必要なんてなくて そ…

本気の言葉に耳を傾けること。

子どもが小さいころは、 夫婦で子どものことについて 言い合いになると 感情的に怒った方が負けだと 思っていました。 確かに、感情のコントロールは 大人として必要なスキルで きっと 誰もができるようになりたいと 望んでいることで 私は今も自制心が 生き…

ひとを育てて自分も育てる仕組みを作る

いつも私のまわりの人は、どういうわけか育っていきます。 それは子育て中でも同じで、子どもの友達が遊びに来たりして 関わっていると、友達もどんどん成長していきます。 わたしは失敗ばかりなので、決して子育て上手というわけでもなく、 余計なことを言…

カルタあそび、ゲームあそび

楽しいこと、興味関心、わくわくが好きな人は、 面白いものを見つけると目の色がきらり!と輝きます。 子どもが小さいころは、何種類かのカルタを使って 家族で遊びました。 長新太さんの「へんてこかるた」 川端 誠さんの「おばけかるた」 多田ヒロシさんの…

子供服福袋の買い方

今日、1月2日の朝9時ごろ、 子どもの習い事の送り迎えをするために 静岡の街中を走っていたら 駅周辺の駐車場はわりと混んでいました。 デパートのまわりにも列になって並んでいる人がいっぱいです。 そうそう、 よく考えてみたら、今日1月2日はデパー…

みそ作り

ときどき、福井の母から荷物が届きます。 わたしが楽しみにしているものの1つに、手作りのみそがあります。 美味しくて安心で、家族も喜ぶからいつも感謝して頂いてます。 わたしのまわりでも、手作りみそを作る人がいて、そんな話をきいているうちに 「私も…

年越しそば

毎年大晦日に合わせて、夫の両親がそば打ちをします。 31日になると、そばが届くので、年越しそばをいただきます。 わたしも一度そば作りをしたことがありました。 ・・・でも、ぽそぽそしてしまって、麺にならない。 作ってはみたものの、おいしいものでは…

依存と自立の子育て

子育ては、プロの力が頼りになります。 私の場合は、カリスマ保育士さんに なんとかしてもらいました。 …しかしながら、考えてみると私はプロに依存していたのかもしれないと思います。 保育園のときはそれでも何とかなりました。 でも、やっぱり依存では何…

子供たちの年賀状

うちの娘たちは、2才違いながら 年賀状に対する思い入れが全く違います。 学校の友達が好きでたまらない次女は、クラスの友達の住所を早めに聞き取りして、書いてもらいます。 住所の書いてある紙をペンケースに入れて、大事そうに持っています。 長女は、た…

お菓子作りの失敗

きのう、子どもが小さいころ作っていた リンゴのケーキを作りました。 レシピもなんとなくしか覚えていなくて 材料もあるものでしか用意できないけれど、 まぁそれもいいかな。 作ること自体は簡単に考えていたけれど、 やってみると失敗の連続です。 ・オー…

年末年始の過ごし方

わたしは、年末に夫の実家に帰省することが ありません。 元々は帰省していたのに 子どもが赤ちゃんだったころから やめてしまいました。 やめた理由は、冬の帰省で私が体調を崩して 子どもの世話ができなくなってしまったことが原因です。 年末の帰省中にわ…

小学校に入った時の戸惑い

保育園の子と幼稚園の子とでは 小学校に入った時の戸惑い方が違うようです。 わたしがざっくり思うのには 集団行動が得意な幼稚園の子と 個人行動が得意な保育園の子 ・・・という感じでしょうか。 うちの子は、保育園の園児全員合わせても 6~10人の中で育っ…

サンタさんからのプレゼント

子どもが小さかったころ、 サンタさんからの クリスマスプレゼントは木のおもちゃが 多かったです。 小学生になったころ位から、 友達が持っている関係で ゲーム機が欲しい!と いうようになりました。 ・・・が、我が家のサンタさんは どういうわけかゲーム…

クリスマスの過ごしかた

子どもが保育園に通っていたころ クリスマスにはケーキを焼いていました ケーキはどういうわけか 毎日のように焼いている時期もあって 当たり前のように いつも焼いているケーキを クリスマスバージョンで 焼きます イチゴが多いとか フルーツが豪華とか 少…

子どものチャレンジ

「もちろん、成功した方がいいけど、 もし失敗したとしても、 それもいい経験になるよね。」 …と、子どものチャレンジについて 夫婦で話し合っていました。 わたしの子育ては、はっきり言って 失敗ばかりです。 それでも、なんとかやってこれているのは 関わ…

心を柔らかくする

困ったことがあるときは 成長のチャンスかもしれません。 子どもの赤ちゃんがえりで どうにもならないと 思ったときから、 自分が変わらなくては 前には進まないと感じました。 自分の生きづらさが何なのか 気づかなかった所から、 どこでつまづいていたのか…

子どもの心にすーーっと入っていくこと

子どもの家の先生は、 びっくりするほど 子どもの心をつかむのがうまいです。 挨拶をするときは、 子どもの目線に合わせて 丁寧におじぎをして あいさつをします。 そうすることで こどもの心に すーーーっと入っていきます。 こどもだからといって 可愛くあ…

保育園でやっていたお仕事

子どもが通っていた保育園では、 年長さんになると 世界地図を作る作業を行っていました。 国の形の板を鉛筆で型どりして、 ハサミで切っていきます。 それを別の大きな紙に貼るのです。 大きな紙には、型どりしたパーツを ひとつひとつ丁寧に貼って 作って…

保育園のお誕生日会の思い出

子どもの通っていた保育園では、 お誕生会にはそれぞれの子がプレゼントを作ります。 折り紙とか、ネックレスとか その子が今楽しんでいる遊びを選んで 作品を作ります。 お誕生会には、親もおよばれします お誕生日の子のテーブルを彩る フラワーアレンジは…

慎重派の公園あそび

慎重派だった 長女は すべり台や遊具に乗るのを怖がって なかなか 体が動きませんでした。 親としては、 すべり台の階段をスイスイ登っている よその子を見ると 「うちの子も やらせてあげたいなー」 と思うもので、 誘いかけてやらせてみようと 思うのです…

赤ちゃんが生まれた時。

赤ちゃんが生まれた時、 わたしは母乳で育てたくて 産婦人科の助産師さんに相談して なるべく最初から、 母乳を与えたい気持ちを伝えました。 病院では、ミルクの人が多くて 「母乳は徐々に進めればいい」 という感じでした。 母乳にこだわるママは少なくて …