カウンセラーによるコーチング「なりたい自分」を作りたいあなたへ

静岡県 「オフィスこつこつ」カウンセラー、コーチの林 薫です。このブログは、楽しくてためになる情報をお伝えしていきますね^^

ちょうどいいチャレンジ

「自分にとっての

ちょうどいいチャレンジをしたい。

コツコツ積み重ねて満足感を得たい」


そんな風に考えて、

わたしは、ずっと先のばしにしていた

勉強に取り組むことにしました。



わたしは、去年の秋から

放送大学で心理学を学んでいます。


最初に勉強しようと考えたのは、

選択理論心理学の上級講座が終わったとき。


放送大学で学ぶ

選択理論心理学の仲間を見て、

「わたしもやってみようかなぁ-。」

と思ったんです。



そんな風に思ってから、

4年以上経って、

去年の秋にようやく入ることにしました。


コツコツ積み重ねる経験をして、

放送大学を卒業する自分」

とか

「心理学全般を学んだ自分」

を手にしたかったのです。


そのころ、子どもが毎日

「本読み」とか「漢字の宿題」

をすっごく頑張っていました。


「宿題に熱を入れる子どもの姿」

を見ていたら、

わたしも

やりたかったことにチャレンジしてみよう!

という気持ちになりました。


私は短大卒なので、

編入の手続きをして、

学生時代に取得した単位を認めてもらいました。

今は

大学卒業に必要な単位と

認定心理士に必要な単位を

取っています。


心理学を専攻したのは

「受容と共感をもっと学ぶ必要がある」

と身にしみて感じる機会があったからです。


「自分にとって正しいものは、

人にとっては間違っている

場合がある。」

だから、

自分の考えを押し付けるのではなくて、

ものごとを

相手の立場や背景に配慮しながら

見てみたかったのです。



それから、

選択理論以外の心理学を学んで

自分の立ち位置を知りたい

とも感じたのです



f:id:momosakukao1107:20160419174422j:image

実際に学んでみると、

最初は戸惑うことが多くて

取り込むのに

時間がかかりました。


でも、少しずつ

自分の中での統合ができるように

なってきて、


「自分も相手もOKなんだ!」

と思えるようになりました。

しばらく視野を狭めて

見たいものしか見ていなかった

のですが、

それも不自由になってきて

今は、自分なりに

優先順位を考えながら

少しずつ

外を見るようにしています。


ちょうどいいチャレンジ、

積み重ねていきたいな