読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「うちの子発達障害かも。もしかしたら私もグレーかもしれない。」と悩んでいるあなたへ

静岡県 「オフィスこつこつ」カウンセラー林 薫です。「病院ではなかなか気持ちを聞いてもらえない」と思っているあなたに役に立つ情報をお伝えしていきますね

気になったキーワード

私は統計や数字のことは
わかりませんが、
行動パターンはデータとして
表れることを
なんとなく感じています。

いよいよ自分の問題に 
向き合おうと思います。

何が起きているか
何から書いたらよいのか
分からないものの、
身近な方から知った
フックを使って
キーワード順に
書き進めていきます。

1番にはまず
「ヌードの写真」
です。

わたしは何年も前に、
結婚して
主婦になりました。
働いていた頃のように
頑張るつもりで
1日8時間家事をやったら
数日で飽きてしまいました。

家計簿とかも
つけて
主婦雑誌も読みました。

習い事もちょっとやってみて
働いてみようと
思いました。

求人や広告を眺めて
アルバイトも始めました。

アルバイトは
いくつかやったのですが
そのひとつが
広告の端っこにのっていた
素人のカメラマンさんのモデル
のアルバイトでした。

面接をして
採用になりました。

いくつか私服をもっていき
ポーズをとります。

最初は良かったのですが
何回かやるうちに
怒られてばかりになりました。

顔が悪い
動きが悪い

という怒られ方が多かった
と思います。

顔が悪いし
話にならないから
服を脱げ
と言われました。

出来ない
と何度も断りました。

でも、
怒られる。

やめれば良かったのですが
最後には
誰かに見せない
外には出さない
と言う約束 で承諾しました。

外だと恥ずかしいので
なんとかしてくれと
頼んだら
ホテルの室内で
撮ることになりました。 

でもやっぱり
怒られる。

しばらくして
撮影したものを
外に出していることが
わかりました。

すごくショックでした。
でも、言えなかったです。
ひとりでモヤモヤと落ち込んで
悩んでいました。

それからしばらくして
いつまでたっても
がんばっても
わたしには
難しくて、
それでもやっぱり
怒られる。
このことに
ようやく、
やっとのことで気づいて
やめました。

ようやく楽になったと
思いました。

「女の子の飲み屋さんで働く」
これも
やっぱり求人をみて
数ヶ月働いたことがありました。


ADHD」は
こどもが生まれて何年かたった頃
知りました。
診断を受けた訳ではなくて

傾向を
人から言われたことがありました。

しばらく落ち込みましたが、
生きづらさの原因が分かり
時間をかけて
自分に向き合いました。

選択理論は発達障害に優しいと
思います。
学んでいてよかったです。

は、今、勉強してないのですが
自由と放任は違うので
未来を担う子たちが育っていくことと
思います。
正しさの前に関係性を大切に
するといいですよね。

わたしは、こどもが生まれてから
選択理論を学びましたが、
問題は
もっと前からありました。
夫には
本当に申し訳なかったとおもいます。

選択理論を学んで
何年かたっても
夫婦関係はまだまだでした。

最近になってようやく
「いい夫婦だ」と
思えるようになりました。

家族には心から感謝しています。

なかなか書けなかったのだけど
ようやく
表に出すことにしました。

支援してくださった皆さま
ありがとうございました。