カウンセラーによるコーチング「なりたい自分」を作りたいあなたへ

静岡県 「オフィスこつこつ」カウンセラー、コーチの林 薫です。このブログは、楽しくてためになる情報をお伝えしていきますね^^

けんかが多い夫婦関係を改善したいと思ったら

夫婦の間で

「けんかばかりしている関係」

だと

どんどん夫婦の関係が離れていきます。

 

多くの場合がそのまま

結婚生活を続けているもの

なのかもしれませんが、

 

お互いの距離を近くする

ためにできることが

いろいろあります。

 

妻だけが変わるのでもなく

夫だけが変わるのでもなく

 

「お互いに」

できることを見つけます。

そうすると、

関係改善がスムーズかと

思います。

 

でも、相手がやらない場合もあります。

だからそんなときは

まず

自分から始めます。

 

けんかをしている場合は

「どんな場面でけんかしやすいか」

「そのときの自分の疲労度」

などを振り返ってみてください。

 

疲れているときは、

売り言葉に買い言葉が起きやすいので、

なるべく

休む、(おなかがすいていたら)食べる、

ちょっと深呼吸して落ち着く

などの充電をします。

 

それから、

けんかをしているときの

自分の言葉を振り返ってください

 

相手の言葉の影響で

それに対抗する言葉を

選んでしまい、

けんかがひどくなっていく

・・・ということが起こります。

 

なので、

自分がけんかに乗らない

ということをやってみる

だけでも

関係の悪化を防ぎます。

そして、相手に文句を言っていたのを

やめるだけで

自分の行動を変えることができます。

 

・・・実はこれは

DVから身を守るときにも

使えるかと思います。

 

売り言葉に買い言葉

を続けていて

ヒートアップしたときに

相手が怒り

暴力になる場合もあります。

 

自分の安全を守るために

大事な話は

相手も自分も疲れていないとき

の方が無難です。

 

怒りは相手にしか

選べないけれど

こちらが

「どんなタイミング」

「何を」

話すかは

考えた方がいいかも

しれません

(そして、話さない場合がよいことも

ありそうです。)

 

最初のうちは、考えても

うまくいかない

 かもしれませんが

相手に文句を言わないだけでも

自分の行動は変わります。

 

常に

「そのとき自分にできること」

を考えると

関係を回復するときの

きっかけがつかめると

思います。

 

そして

「わたしたちのためにできること」

を意識することです。

 

相手もやってくれるといいのですが、

最初は自分だけが

やるので

なかなかきついかもしれません。

夫婦の関係が良くなるのには

やっぱり時間がかかります。

 

それでも、10年後、20年後の人生に

関わることなので

まずは

頭の隅に入れておく

というだけでも

よいかもしれませんね。