「うちの子発達障害かも。もしかしたら私もグレーかもしれない。」と悩んでいるあなたへ

静岡県 「オフィスこつこつ」カウンセラー林 薫です。「病院ではなかなか気持ちを聞いてもらえない」と思っているあなたに役に立つ情報をお伝えしていきますね

相手と別れるとき

今日は、女性の離婚について考えてみます。

 

女性が「離婚」を考えたとき

不安になるのが

「今後のお金の問題」

「新しい生活を始める際の心の問題」

があると思います。

 

離婚をすると(当たり前なのですが)

自分で何とか生きていかなくては

なりません。

 

なので、収入源を確保するために

主婦であった女性が

仕事をして

社会的に自立をしてから

時期をみて

離婚をすると

生活面の負担が軽くて

済むので、

何年か時間をかけて

ようやく離婚をする場合があるようです。

 

感情的にならずに、

なるべく冷静に

ことを運ぶということですね。

 

(自分に力をつけた結果

離婚をしないで

夫婦が対等に過ごせることもあり、

結果的には離婚をしないで

結婚生活を続けられることも

あります。)

 

 

それから、

心の面での波は

しばらくの間は

気持ちのブレが

あって当然で

そのときに

話を聞いてもらえる相手が

いるとよいかもしれません。

 

親や兄弟、まわりの友達

聞いてくれるボランティアさん

だれでもいいので

寄り添ってもらいながら

とにかく、きもちの整理をするのです。

 

 

しばらくすると

きもちも安定して、

新しい生活に

慣れるのですが

 

新しいことを始めるのは

やっぱり自分自身に負担がかかり

後悔することも

ありそうです。

 

でも、選んで決めて進むことで

「離婚してよかった」

「ようやく自分の人生が選べた」

と思うことがあるので、

明るい未来を信じて

進んでほしいと思います。

 

夫婦関係を整えようと頑張っても

無理なことはありますし

いろいろな生き方がありますね。

 

自分らしい人生を

すごしていきたい