カウンセラーによるコーチング「なりたい自分」を作りたいあなたへ

静岡県 「オフィスこつこつ」カウンセラー、コーチの林 薫です。このブログは、楽しくてためになる情報をお伝えしていきますね^^

モラルハラスメントは別れられないのではないですか?


f:id:momosakukao1107:20161015003633j:image
一般的に、身体的暴力を受けていると

診断書を作るので、暴力の証拠を残しやすいと

言われています。

離婚の理由もDVだと言うことが可能です。

 

精神的なダメージを受けるモラルハラスメントの場合

は目には見えないので、残しておくことが有効です。

 

不眠、不調などの身体的不調が出た場合は、

診療内科や精神科で診断書をもらいます。

 

メールで指示が来た場合は保存しておく。

言葉でのモラハラは録音しておく。

モラハラ夫の言動には、日記をつけておく。

無視された日には、しるしをつけておく。

目撃した第三者がいたら、陳述書という形で文書にしてもらいます。

 

モラルハラスメントはDVの中でも

外側から見えない分、

自分自身で見える化していくのですね。

 

別居をしたいのなら、いちいち夫に出ていくことを

言わなくてもいいのです。

 

自分の安全と自分の人生を大切にしてくださいね。