読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「うちの子発達障害かも。もしかしたら私もグレーかもしれない。」と悩んでいるあなたへ

静岡県 「オフィスこつこつ」カウンセラー林 薫です。「病院ではなかなか気持ちを聞いてもらえない」と思っているあなたに役に立つ情報をお伝えしていきますね

保育園の持ち物、着る服のルール

娘たちが通っていた無認可のモンテッソーリ教育の保育園には

持ち物と洋服のルールがありました。

 

どんなルールかといいますと、

「キャラクターの柄が入った服は原則として着ない」

キャラ弁は持ってこない」

というような内容でした。

 

このようなルールは事前に伝えられるのではなく、

持って行った時に、「次回からは持ってこないように」と言われるものでした

 

たいてい、子供服には何らかの絵が描かれていて

キャラクターのついていない洋服を探すのに

結構苦労していました。

 

「動物が洋服を着ているのがおかしい」

という考え方だったのですよね。

 

結局、「MUJI」の服ならキャラクターがついていないので安心。

・・・ということに気が付いて

よくお店へいくようになりました。

 

キャラ弁禁止」だったのは

親の私にとってはなかなか良くて

毎日のお弁当はふつうのおかずをいれて持たせました。

 

「友達が梅干しを入れているから入れてほしい。」

といわれて、梅干しを入れたら喜んでいたのを覚えています。

 

キャラクター禁止が当たり前になっていくので、

困ることもよかったこともよくわからないのです。

でも、家でヒーローのマネをして悪者をやっつける、という姿は

なかったように思います。

けんかはけんかでやりますが、まあ、そんなものですね。

 

ちなみに、次女は年中から、モンテッソーリの認可保育園に入園するのですが、

そこでは、キティーちゃんはOKで戦隊ものはNGでした。

 

もうひとついうと、今ではほどんどの園ではキャラクターに関しては

うるさくないそうです。

 

本質的な部分で子どもが

選び、遊び、集中し満足して、片付ける

という姿が見られればよいのですから、

それほどこだわる必要はないのかもしれません。