「うちの子発達障害かも。もしかしたら私もグレーかもしれない。」と悩んでいるあなたへ

静岡県 「オフィスこつこつ」カウンセラー林 薫です。「病院ではなかなか気持ちを聞いてもらえない」と思っているあなたに役に立つ情報をお伝えしていきますね

クリスマス会が近づくと…


f:id:momosakukao1107:20161206234517j:image

 

子ども達が通っていた保育園はカトリック園だったので、

クリスマスの季節になると

「聖劇」の練習が始まります。

 

聖劇というのは、どうやら

キリストが誕生するまでのエピソードを劇で表現することのようです。

 

マリアさま、ヨゼフさま、天使、博士、羊飼いなどの役を決めて

クリスマス会に向けて練習をします。

ちなみに、キリストさま役は、赤ちゃんのお人形です。

 

同じ内容の劇を毎年行うので、

今年は何にしようかと自分たちで考えていたのかもしれません。

 

「ありのまま」とはよく言ったもので、

クリスマス会では、普段のお遊戯の様子や

教具を使った遊びなどもみたりします。

 

クリスマス会のあとで、保護者も一緒に会食したりして、

和やかな雰囲気に包まれていました。

 

娘たちは、今は小学生となり、教会にいくこともお祈りをすることも

ないのです。

でも、こころのどこかでお祈りしていた頃のことが

役にたつのかもしれないと感じています。

 

あのころのわたしは、親が集まる会でも割と緊張していて

よく話ができていたのか記憶にありません。

 

それでも、子ども達が楽しんでいたのでまぁいいかな、と思っています。