「うちの子発達障害かも。もしかしたら私もグレーかもしれない。」と悩んでいるあなたへ

静岡県 「オフィスこつこつ」カウンセラー林 薫です。「病院ではなかなか気持ちを聞いてもらえない」と思っているあなたに役に立つ情報をお伝えしていきますね

大人のための発達障害お茶会をやります

きのう、

発達障害当事者研究の話を聞きました。

 

講師は

東京大学先端科学技術研究センター

綾屋紗月さん。

つながりの作法 同じでもなく 違うでもなく (生活人新書)

つながりの作法 同じでもなく 違うでもなく (生活人新書)

 

 

大人になってから

自分の生きづらさを振り返って

自分の発達障害に気づくことが

あります。

 

5感のどこかが敏感、または鈍感で

多数派がデザインした社会の中では

生きづらいと感じます。

 

見方や感じ方の違いを

分かってもらえないのです。

 

多数派ではない少数派は

感じ方や気持ちを共有できず

訳が分からず

どんどん孤立していってしまいます。

 

 

発達障害とひとことでいっても

起きている見方や感じ方の違いは

本当に人それぞれです。

 

人の話や工夫などを聞きながら

自分で自分を理解して

自分なりに研究して

多数派の社会で生きていく知恵を

身に着けていくものなのだそうです。

 

なので、当事者同士の共有が

とっても大切なんですよね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そう。当事者同士のつながりが大事。

 

・・・というわけで

大人のための発達障害お茶会を行います!

 

よりよい毎日にするために

自分らしく生きる知恵を

身に着けていきましょう。

 

日時:2016年9月27日(水)

   19:00~20:30

 

場所:スターバックス藤枝蓮華寺公園店

 

 課題:多動力を読んでくる

 

参加費:無料

 

参加希望の方は、

momosakukao1107@gmail.com 宛に

 

①9/27大人のための発達障害お茶会参加希望

②お名前

③e-mail

④お電話

⑤年齢

をお知らせくださいね!

 

多動力 (NewsPicks Book)

多動力 (NewsPicks Book)

 

 

綾屋紗月さんのお話しの中で

 

「コミュニケーションは本来、

人と人との間にあるものなのに、

発達障害というレッテルを相手に

貼り付けるのはフェアじゃない」

 

という言葉がありました。

 

そうなのです、

多数派であろうが少数派であろうが

当たり前のように

人権があるのですよね。

 

当事者でつながり合いながら

コミュニケーションの間にあるものを

見つけていきたいですね!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

momosakukao1107.hatenablog.com

 

 

momosakukao1107.hatenablog.com