カウンセラーによるコーチング「なりたい自分」を作りたいあなたへ

静岡県 「オフィスこつこつ」カウンセラー、コーチの林 薫です。このブログは、楽しくてためになる情報をお伝えしていきますね^^

婚活へ行く前に考えておきたいこと

最近、婚活にまつわる情報をあちこちで見かけます。

もしかすると「婚活イベントには行ってみたいけれど、なかなか参加できない」……という方も多いのではないでしょうか。

「自信がない」「初めての場所に出るのは緊張してしまう」「自分がどんな風にみられるのか心配」など、色々な気持ちを抱えているため、婚活を行動に移せない場合もあります。

そんな時は「婚活には興味があるけど一歩踏み出せない自分」を受け入れて、まずは、自分と向きあってみてはいかがでしょう。

 

婚活する目的を考えてみよう】

 あなたが結婚したい理由は、何でしょう?

・経済的に安定している

・子どもを育てたい

・パートナーがいることで安心して生活できる

・親からの要望

・老後にひとりで過ごすのが心配

 このように、結婚したいのには色んな理由があります。

経済的安定が欲しいのだったら、結婚という形にこだわらず、自分で働くことも実現可能です。パートナーが欲しい場合も、結婚に縛られないような繋がりのある関係を作ってもよいのです。例えば「お茶飲み友達」として、束縛されない関係性を得られる場合もあります。

わたしは、相談の経験から、夫婦関係のお話を聞くことがあります。結婚というと夫婦が一緒に住むことだと考えがちですが、別居しながら夫婦関係を作っていく方がうまくいく場合もあります。結婚という形でなく、パートナーとして付き合っていくことでつながりあっている方もいます。

結婚という形に囚われなくていいのです。

 

結婚後の生活を考えてみよう】

 結婚すると、互いが相手に合わせる生活が始まります。

 しかし、結婚するからといって相手を束縛できるわけではないですし、思い通りにできるものでもありません。

 例えば、子育ても、自由にならないことの連続です。

 特に、子どもが生まれると子ども中心の生活が当たり前のように始まります。

そして、モノや時間、金銭面での自由は減ります。しかし、親としての自己成長や子どもが育つ喜びは感じられますね。

 あなたがどんな結婚生活を送りたいかによって、あなたとパートナーとで人生の方向性を決めてよいのです。

 

相手の幸せを考えてみよう】

私は、 プロの立場として人生相談を受けることがあるのですが、結婚してからの生活には、常に相手との関係性がつきまといます。

 パートナーシップは相手を思いやる気もちが必要です。それも、心で思いやるだけではなく、相手に伝わるような方法で、行動に表さなくては意味がありません。

「ありがとう」「助かるよ」という感謝、スキンシップという愛情表現 など、関係性は互いへの思いやりを形にして、日々育んでいくものです。

 

結婚後の生活をイメージして、相手の幸せを思いやる気持ちを持ちながら、対等な関わりを築いていくこと。

「結婚」

をゴールという目的にするのではなく、まずはパートナーと相互関係で相手を思いやりながら対等に生活する人生をイメージしてみましょう。

婚活は、自分と向き合ってからはじめても遅くはありません。