カウンセラーによるコーチング「なりたい自分」を作りたいあなたへ

静岡県 「オフィスこつこつ」カウンセラー、コーチの林 薫です。このブログは、楽しくてためになる情報をお伝えしていきますね^^

勝間塾月例会の課題作成中

私は、勝間和代さんの講演会を開催したいと思っています。

勝間塾では、勝間さんや塾生の皆さんから、たくさんのgiveをいただいてきました。

恩返しができる人になりたいと思っています。今日は、今月の勝間塾月例会課題について書きます。

 

勝間塾には、毎月の月例会で勝間さんの講演を聞く機会があります。直接聞く事もできますが、オンライン上でも、動画を見ることが可能です。

月例会の前には課題があります。その月ごとのテーマに沿った課題本を読んで、事前に課題提出をします。いつもは、月例会の2日前までに文章で提出するものです。しかし、今月は、課題本がありません。その代わり、いつもと違った課題が出ました。その課題とは、「自己紹介動画を作って発表する」というものです。

…これは、なかなかハードルが高い課題です。私は機械にうといので、課題が発表されたとき、非常に焦りました。自分で動画を撮影して、その動画を投稿することが私に出来るのか、とても不安でした。

課題が発表されてから、焦りながらも勝間塾のコミュニティーをのぞいてみました。すると、勝間塾コミュニティーのイベント欄には、動画作成が苦手な人のためにグループが立ち上がっていました。そして、得意な人が、苦手な人に教える会や、一緒に撮影する会などがありました。一人では出来ないことでも、みんなで集まれば、知恵を出し合って出来ることがあるのだと感じました。

それでも、私は機械が苦手なので、不安でたまりません。地方にいても参加できるオンラインのFacebookグループに参加しました。

参加してしばらくすると、オンラインの画面上で話し合いが出来るzoomのシェア会を作ってくれる方がいました。もちろん、私は参加しました。参加してまわりの方のお話を聞いてみると、焦っているのは自分だけではなかったことに気づきました。そして、動画作成の課題は、「提出できたら、それだけで100点だ」ということを学びました。これからは、文章の他にも、情報が多い動画での発信も出来るようになった方がいいので、そのための0.2%の改善なのですね。…というのも、ついつい、「上手に喋る」とか、「きれいに撮る」とか、しっかり作らなくてはならないと思ってしまいがちなのですが、チャレンジしてみることに意味があることを学びました。ですから、私も、とにかくやってみることにしました。

はい、私が行ったのは、スマホを使っての自撮りです。

30秒の時間内に、「自分の自己紹介」「勝間塾で得たもの」「これからの目標」を伝えます。

自分としては、なかなかハードルが高い中で、まずは取り組んでみました。

…でも、やっぱりもう一回取り直そうかな…と、思っています。

それにしても、今日ほどユーチューバーを尊敬した日はありません。見ているのとやってみるのとでは全然違いますね。