カウンセラーによるコーチング「なりたい自分」を作りたいあなたへ

静岡県 「オフィスこつこつ」カウンセラー、コーチの林 薫です。このブログは、楽しくてためになる情報をお伝えしていきますね^^

PDCAサイクルを回すこと

私は、勝間塾のコミュニティーに入っています。

きのうは、自分の行動に意味があると思って、コミュニティーの中で行動していました。しかし、今朝はそれが失敗だったと気づきました。

失敗なので、自分の行動には意味がないとおもっていました。ところが、その失敗から意味を見つけて改善するような枠組みを見つけ、アイディアをだしてくださる方がいました。…一人では分からないことも、みんなで知恵を出していくと、よりよい答えが見つかり、次の行動へ進めることを感じました。失敗は、なるべく事前に潰せるのがいいのだけど、行動しなければ見えないこともあるのですよね。

きのうは、何と言っても周りの方が私の特性を理解してくれて、失敗があっても受け入れてくださったことが、とてもありがたかったです。優しくて寛容な仲間には、心から感謝しています。ありがとうございました。

きのうの一日は、まさに「いまここ」を生きていたので、夢中になって何時間もフローに入っていました。振り返ると、あれは幸せな時間だったのかもしれないなぁと思いました。このように、自分が楽しくてフローになることはいいのですが、逆に、自分にとって意味を感じなくて、もし仕事だったとしても受けず、日常生活を脅かすほどのことは、無理して支援しなくていいことも知りました。生活に支障を及ぼしていたので、生活習慣は見直していく必要があると感じました。支援職の人は、必要以上に人の支援をしてしまうことがあるので、気をつけていった方がいいと感じました。そして、自分の生活を脅かすほどの支援は、する必要がないと学びました。「あー、そうだったのか。わたしは無理をしていたな。」…これを知って、だいぶ気持ちが楽になりました。

自分だけでは分からないことが、チームの中で話し合うことで、見えてくるものがあることを知りました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日までは、選択理論の研究会のことが頭にあったので、違うことをしていても、研究会のことを考えていました。

今日の研究会では、来年一年の静岡支部のことをいろいろ考えていきました。

来年は、選択理論のレクチャーを行いつつ、最初の半年で基礎を学びあい、後半の半年でそれぞれの担当者が選択理論の活かし方について学びます。久しぶりに、みんなで方向性について話し合えて意味がある時間だったと感じました。

そのあとで、自分の目標についても考えていきました。来年も、自分なりに目標を達成していきたいと思いました^^

そのあとの望年会も楽しかったです。来年もよろしくおねがいします。

 

それから、もう一つ。来年は、勝間和代さんの講演会を行いたいので、そのための準備もしていきたいです。とても楽しみにしています!